無知がハッタリで生きる

ゆとり世代が趣味と公務員の仕事と持病について語るブログです。

タイの話①

8月4〜7日にかけてタイの首都、バンコクに行って来ました。

タイは比較的入国が簡単で、観光目的の短期滞在であればビザも必要ないので(60日以内に帰国するための航空券が必要です)、

航空券とホテルとポケットWi-Fiだけ予約して気軽に行けました。


大手の航空会社を使用すれば羽田から飛行機が出ますが、
LCCで航空券代を節約した結果、成田発となりました。


ちなみに航空券は、2人分で、往復約90000円

ホテルはバンコク市内の観光客向け、2人×3泊
で16000円

ポケットwifiは3日で4000円

一人当たり55000円という格安(?)プランで行ってきました。



住んでいる地方都市を早朝に出発し、

成田空港でポケットwifiを受け取り、

手荷物検査を受けて、スクートの黄色い機体に搭乗

(写真を撮り忘れたのでネットで拾った画像です)

LCCなのであまり期待をしなかったけど、機内は綺麗でアテンダントもしっかりした印象です。

レガシーキャリアとの違いは、
⚪︎機内食が別料金
⚪︎映画やオーディオサービスがない
⚪︎座席がやや狭い
⚪︎受託荷物が別料金

という点です。


お茶屋はいずれも大した問題じゃなかったですが、

行きのスクートは、キャリーバッグとリュック合わせて10キロまで機内に持ち込めたのに対し、

帰りのエアアジアは、合わせて7キロまでしか持ち込めず、

キャリーバッグを4000円の別料金で受託する必要がありました。


少し観光先の話を



初日、8月4日はほぼ移動に費やしました。

バンコクのドンムアン国際空港から、鉄道駅のあるモーチットまでバスで、モーチットからはバンコクスカイトレインBTS)で移動します。

バスは運転手1人、集金係1人がタッグを組んでいて、乗り込むとすかさず現れる集金係のお姉さんから切符を買う、というシステム。
乗車時間は20分、料金は30バーツ(90円)でした。

タイは紙幣、貨幣の種類が豊富で、下から

1、2、5、10バーツ貨幣と、20、50、100、500、1000バーツ紙幣があります。(パーツの下にサタンという補助貨幣があるようですが、今回の旅では見かけませんでした。)

1000バーツほどの高額貨幣になり、バスや土産物屋ではお釣りが出せないと言われるので、こまめに崩しておくことが必要です。
お茶屋はこの時100バーツ札を出して、苦笑いされました。

ホテルに着いた後は、近所のショッピングセンターなどで食事と買い物を。
バンコクはなかなか大きな都市で、名古屋や札幌に劣らない印象です。

名探偵コナンの最新作を上映していたのも印象的でした。


この日は23時頃就寝。



翌日8月5日は朝早く起き、バンコクの名所、ワットポー・王宮等を観光

ワットポーの金キラに光る寝釈迦様は、テレビで見たことがある人も多いかもしれません

高さ15m、全長46mの実物はかなりの迫力があり、カメラを引いても全体が写りきれません。

そしてこの表情です。

不敵な笑み、と言ったら失礼でしょうか、
日本の仏像にはあまり見ない余裕の表情で、
タイ人の国民性なのか、上座部仏教の性格なのか分かりませんが、強く印象に残りました。(単に角度の問題かもしれません。)


続いて王宮


入場料500バーツ(1500円超)かかったけれど、観光客が多すぎて熱気もすごく、敷地内に建物も多すぎてあまりゆっくりは見られませんでした。


王宮を出て北に10分、
世界中のバックパッカーが集まるというカオサン通り

活気があり、Tシャツやスニーカーなど通り一面で路上販売されていて、でも何か怪しい雰囲気のある通り…

パチモノのTシャツを売ってるおじさんと値段交渉をしてまけてもらったり、

1時間250バーツで古式マッサージを受けたり、

50バーツで山盛りのココナッツアイスを食べたり、

安く遊べて色々な人とコミュニケーションが取れるので、今回の旅で一番おもしろい場所でした(´∀`)

夜には音楽に合わせ路上で皆踊り狂うのだとか、、

これからバンコクを訪れる人にはぜひオススメします。


その後、中心街から北へ20キロのボクシングスタジアムでムエタイ観戦。
渋滞都市ながら良心的なタクシーにめぐり合い、200バーツ50分で到着!

迫力あるムエタイの試合と、


ムエタイ賭博をする地元の方たち

膝が入るたびに熱い声援が飛びます。

地元の方々の熱気がすごく、私たち観光客は尻込みしていました。。

でも生で観戦する格闘技はやはり迫力があり、見に行った甲斐がありました。



〜タイの話②に続きます〜