無知がハッタリで生きる

ゆとり世代が趣味と公務員の仕事と持病について語るブログです。

潰瘍性大腸炎と食事の管理

食事の管理が潰瘍性大腸炎を抑えるための最重要課題だと思います。

食べたものは基本的に大腸を通って外に出るので、

刺激物や消化の悪いものを食べると確実に大腸に禍根を残して行きます。

 

お茶屋の主治医は、「UCは服薬で管理できるから好きなものを食べていい」主義の方ですが、

お茶屋の経験上、食事には細心の注意を払うべきです。

 

あくまで経験則ですが、日ごろ避けるべきジャンルは、次の3種類で、

この3つを避ける習慣をつけてからお茶屋は色々安定しました。

 

①辛いもの

健康な人でもタバスコや激辛ソースなどをかけた食事の次の日はお腹を下すことがあります。ましてやUC患者はイチコロです。

お茶屋は「い⚪︎ばのタイカレーイエロー」を食べた次の日から体調を崩し始め、そこから3ヶ月下血を続けました、、

辛いものは何があっても避けるべきです!

 

CoCo壱番屋のカレーなら辛さ普通

 

飲み会の場でのロシアンたこ焼き、なんてもってのほか、絶対避けましょう、、

 

②脂質の多いもの

脂肪は消化が悪く、腸で吸収されないという理由から避けるとよいとネットで知り、試したところ確かに違いがありました。

一般的には1日の脂質を20gに抑えると、再燃の確率が、ぐっと、下がると言われています。

でも、、、

この制限がなかなか難しいんです。。

だって、、

油物っておいしいですもん、、

コンビニのチョコパンが20gほどなので、一個チョコパンを食べたら終わりなのです。

菓子パン好きなお茶屋にはこれがツラかった。

あまり厳しく制限するとストレスになるので、寛解状態の人は、今日は菓子パンをやめておにぎりにするか、とか

チョコ食べたいけどようかんにするか、という具合に、緩めの制限で続けていくのがよいかと思います。

 

食物繊維

これは腸に物理的刺激を与えるものです。

食物繊維の多いものは胃で溶けきれず、小腸で吸収しきれないので、ダイレクトに大腸に届きます。食物繊維を摂りすぎたときは、大腸を通る時に、ズン、とした重みを感じることが多く、お茶屋はなかなかの確率で水便や粘血便が出ます。

食物繊維の多い、ごぼう、たけのこ、こんにゃく、とうもろこし(四天王と呼んでます)はなるべく避けるか、食べるときは普段の2倍よく噛むようにしましょう。

 

 

色々書きましたが、特に気をつけるべきは、辛いもの。

注意すべき割合は、①>>>>>②>③ くらいの感じです。

 

他にも、食べると微妙になる乳製品や果物、飲み物もありますが、上の①〜③ほどではないと思っています。

 

お茶屋は基本的に、「これこれが身体に悪い」と知れば、

その食べ物が自然に嫌いになる(逆もしかり)便利体質なので、食事制限は全くツラくないのですが、

一般的には好きな食べ物を我慢し続けるのは苦しいと思います。

 

なので、寛解状態であればあまり気にしすぎず、また再燃が始まったな、、という時に制限を出来れば良いかと思います。

 

以上、お茶屋が普段食事で心掛けてることをつらつら書きましたが、

同病者で、他にこんなことに気をつけているというものがあれば、教えていただけると幸いです。