無知がハッタリで生きる

ゆとり世代が趣味と公務員の仕事と持病について語るブログです。

【生活保護】ダメ。ゼッタイ。

私の生活保護ケースワーカーとして2年目の6月その年にまだ一度もお会いしていなかった被保護者の方のお宅を訪問調査することになりました。 訪問調査とは 被保護者の健康状態や家庭状況、就労・就活状況などを確認・調査するためのお宅訪問で、我々ケースワ…

タイの話②

3日目の8月6日バンコクといえばチャオプラヤ川が作った都市 水路を使っての市場が栄えていたことがあり、今でも観光名所として残っている水上マーケットがあります。ということで、週末限定で開いているタリンチャン水上マーケットへやはりバンコク中心部、…

タイの話①

8月4〜7日にかけてタイの首都、バンコクに行って来ました。タイは比較的入国が簡単で、観光目的の短期滞在であればビザも必要ないので(60日以内に帰国するための航空券が必要です)、航空券とホテルとポケットWi-Fiだけ予約して気軽に行けました。 大手の航…

潰瘍性大腸炎だけど海外旅行してきました

8月3日から3泊4日でタイのバンコクに旅行して来ました。お茶屋は国内旅行は好きでしたが、海外への関心は薄く、 今まで一度も日本を出たことがなかったのですが、 半年ほど前から旅行好きの友達の話や旅系youtuberの動画を見聞きしているうちに、 言語の通じ…

【潰瘍性大腸炎】入院生活の話②

地方の総合病院からUCやクローン病の専門医がいる大学病院へ転院したお茶屋。最初の病院での生活はこちらの記事をご覧ください。 http://mikkabouzu.hatenadiary.com/entry/2017/08/03/001454 転院先の病棟はスカイツリーが遠くに見える優れたロケーションで…

【潰瘍性大腸炎】入院生活の話①

入院までの経緯は下の記事をご覧ください。 http://mikkabouzu.hatenadiary.com/entry/2017/07/26/195732 1日に15回前後の粘血便と強い腹痛、食欲不振で地方の総合病院を受診した結果、潰瘍性大腸炎劇症と診断され、即入院することになったお茶屋。 主治医は…

【生活保護】保護費の計算

(内容は記事を執筆時のH29.7時点のもので、今後制度が変わる可能性があります。 特に基準額表は数年ごとに改定されています。) 生活保護は憲法の25条に根拠があり、 「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。」という条文に基づ…

【潰瘍性大腸炎】再燃時に食べれた物

再燃時に悪化しなかったもの、好影響のあったもの、という視点で挙げていきます。 ★★★良い ☆☆☆悪い という評価の仕方です。【主食】 白米 ★★☆ おかゆ ★★★ うどん ★★★ 蕎麦 ☆☆☆ ラーメン ★☆☆ パスタ ★★☆ 食パン ★★☆ 菓子パン ☆☆☆⚪︎炭水化物は基本的に消化が良…

【特定疾患】3大キャリアの割引制度【携帯料金】

(記載の内容は記事を執筆したH29.7時点のものです。 今後制度が変わる場合がありますのでご承知おきください。) 入院中、退屈しのぎでスマホをいじっていて知ったのですが、携帯3大キャリアには特定疾患の受給者が受けられる料金の割引制度があります。 キ…

潰瘍性大腸炎と食事の管理

食事の管理が潰瘍性大腸炎を抑えるための最重要課題だと思います。 食べたものは基本的に大腸を通って外に出るので、 刺激物や消化の悪いものを食べると確実に大腸に禍根を残して行きます。 お茶屋の主治医は、「UCは服薬で管理できるから好きなものを食べて…

潰瘍性大腸炎が発症し、入院するまで

ここでこのブログのメインテーマである、お茶屋の潰瘍性大腸炎発症の経緯をおさらいします。 お茶屋が発症したのは24歳の頃。 一般的に20〜24歳の男性がもっとも発症率が高いと言われ、お茶屋も多数派の数字を底上げしていた様です。 (http://www.nanbyou.o…

生活保護のケースワーカーという仕事

お茶屋が送ってきた社会人生活は今のところすべて公務員としてのものですが、その中でひと際印象深い仕事があります。 それは生活保護のケースワーカー(現業員)という仕事です。 説明しましょう、 【生活保護】とは、どんなに頑張って就職活動しても、働い…

ごあいさつ

はじめまして、お茶屋といいます。 仕事や趣味でなかなか貴重な体験をしていて、 これをどこかで発信できないか、、 などと思い、気が付けばブログを開設していました。 24歳、社会人3年目の時に指定難病の潰瘍性大腸炎を患い、日々お腹痛いなかで過ごしてい…